読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

調査報告 第一弾

これは、創り手へのメッセージです。

創り手を旅館やリゾート建設の設計者に例えて、運営側を総支配人に例えて、お客様「お気づき情報」を報告します。

(旅館そのものが、創り手にとっての作品であり、その作品に誘うお客様へのメッセージを込める場でもあります。)

私は、ゲームをプレーしていて、他のお客様(ゲームプレーヤー)と会話をすることが何度もありました。

元々調査をすることは好きなのですが、会話をしてみて、何人か気になるお客様がいました。

あるお客様の生活状況が、今も気になっています。

そのお客様は、20代ぐらいの女性の方でした。

気になった点

美容にも関わる食の取り方・食バランス

個人的な話ですが、私は、ある難病を抱えています。手術でしか直せません。いずれする時がきます。しても、完治はありません。。一生背負っていかなければいけません。

この病気による症状が現れる前は、「五体満足に暮らせること。」これが、当たり前だと思っていました。

今は、五体満足であることが、どれだけ大変なことか、油断をすれば、命に関わる危険な状況を生みかねないということを、ひしひし感じています。

私は、以前は、自炊することが苦手でした。

適当に、スーパーで惣菜を買って、それを食べたりしてました。インスタント物が好きでした。

野菜を切ること。魚をさばくこと。肉を解凍することが、面倒くさいと思っていました。

(調味料の種類も知りませんでしたし、野菜の目利きもないですし、保存方法も知りませんでした。)

今は、この苦手な自炊をしています。母を守るためです。

母の介護をすることは、自分が健康であり続けなければ、できません。

母の食事を用意することは、そんなに苦労しませんが、母の体調を気にかけること、排泄処理、日ごろの話し相手、これが、結構大変です。神経を使いますから。

常に母の状態を観察しています。「相手のちょっとした変化」に気付くことが、大事なのです。これが、一番神経を使うところです。

最初の頃は、この神経を使いすぎて、かなりやせ細ってしまいました。

今は、落ち着いて、太っちゃいました^^;

健康を維持することは、とても大切なことです。

五体満足で、生き暮らしていくために必要な条件です。

私が、いろんなオンラインゲームをプレーしてきて、そこで出会った方たちの中には、ちゃんと自分の体調や健康に気をつけて、時間を決めてプレーされている方も多かったのですが、「健康面や美容面を気にしている割には、調理に興味のない女性」の多さに驚かされました。

私も、調理することに興味のなかった女性の一人ですが、今は、調理が楽しいです。

私が、調理をしていて楽しかった点は、

野菜の種類 野菜の旬 野菜の色別での効能の違い 良い野菜の見分け方 野菜の保存方法

お肉の部位ごとの名称と適した調理方法 お肉の臭みを取るための処理方法

お魚のおろし方 健康によいお魚の油の取り方と良い油を取れる魚の種類 旬の魚 臭みの取り方

発酵食品の利用法 愛媛AIの作り方

これらを学べたことです。

私が、創り手に提案したいことは、この健康維持の大切さ。食材へのこだわり(組み合わせ、見分け方、効能など)。食べることへの欲求と好奇心。これらを、ゲームをプレーしながら、お客様の心にすり込むことができるのではないだろうか?作品に込めることができるんじゃないだろうか?と思ったのです。

お客様が、楽しくプレーされている間に、いつのまにか、自然に「調理の楽しさ・興味をわくようになる」そんな奇跡を起こせないでしょうか?

創り手が、自分の作品を通して、「その方の健康を気にかける」という思いを込めれば、「その思い」から、いろんなアイデアが生まれてくるはずです。

勇気を持って、果敢に攻めてほしい。運営側も、ボランティアで運営側を支えて下さっている方たち(ギルドマスター・サブマスター)も、その創り手の「思い」を後押ししてくれるはずです。

まずは、創り手が、アクションを起こしてください。

この言葉のあとに、こんな言葉を綴ることは、相反しているかもしれません。

人は、「正しい」と思って相手に、その「正しさ」を説いても、それが「正しい」からと言って、人の心が揺さぶられるとは限らない。人の心に響くとは限らない。人を納得させることができるとは限らない。

どんなに「正しい」ことだと思って説いても、それが「正しい」から、人が動くとは限らない。

だから、アクションを起こすことは、とても勇気のいることです。