読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私を知った出会い

ゲーム 出会い記(まとめます お手紙

たぶんこれは、「いじめ」なんだと思います。

彼女は、学年で「怖い存在」として知られていました。

私は、彼女の目に留まりました。

私は、変わり者で、通っていたから。

あるとき、彼女の取り巻きから、背中を刺されました。コンパスの針でね。

そのとき、私の中で、初めて「俺」が出てきました。

背中の後ろで、笑っている声が聞こえます。

私は、怒りがこみ上げてきます。

そして、振り返ったとき、やつらをにらんでいる自分を見ている自分がいて、口から発していたのは、

「殺すぞ・・」でした。

やつらは、笑うのをやめていました。硬直していました。

そのあとは、記憶が途切れています。

それからあとのことだとおもう。

やつらが、教室で談話しているところを、私は、近づきました。

手に、鉛筆を持っています。

やつらの一人が、机の上に手を置いて、話していました。

思い切り、その手の甲に向かって、鉛筆の芯先を突き立てました。

やつらの悲鳴が聞こえてきませんでした。

私は、快感が走ってた。心の中で、笑っていました。

そのとき、「俺」がやったのか?私がやったのか?わからないけど、どちらにしろ、私がやったことです。

恐ろしかったのは、快感以外何も起こらなかったこと。私は、罪の意識がありませんでした。

人を傷つけたという痛みを感じなかった。

私は、人の痛みがわからない人間なのだと思いました。

人が苦しむ姿をみているはずなのに、私は、笑っていました。

やつらは、彼女の取り巻きでした。

彼女から仕返しが来ると思いました。恐怖はあった。だけど、笑っている自分が存在します。「気にするな」といいます。

廊下で、彼女とやつらに会いました。

彼女は、私をみていた。視線を感じて、私は、目を合わせたくなかったのに、勝手に彼女をみてしまう。

彼女と目がぶつかりました。

「こいつは、何もしてこない。」なぜだろう。そのとき、彼女と目を合わせた途端、そう感じました。

しばらくして、彼女は、そのまますれ違っていきました。

こんな変な気持ち、理解できるか?わかりませんが、私は、彼女が憎めませんでした。

やつらが勝手にやったことか、彼女の指示か、わかりませんが、彼女じゃないと意味もなく思った。

彼女に対する怖さはあったけど、「通じ合える。」そう感じました。なんの確信もないのにね。

よく上履きが隠されたりしていた。教科書が落書きされたり、自転車の鍵が隠されたり、いろいろ。

示し合わせて、学級で「完全無視」も当たり前のようにあった。

「完全無視」とは、相手の存在をゼロにすること。何も答えず、目も合わせず、ただ、手足を使って妨害する。

まだ、いろいろありましたけど、長くなるのでやめます。

やつらとのことがあってから、なぜか?だれも、私に手を出さなくなりました。

やつらも、手を出して来なくなった。

彼女とは、言葉を交わすことはありませんでした。

ただ、廊下で必ず目が合う。なぜか?見てしまう。しばらく見合って、またすれ違う。この繰り返しでした。

あれから、だいぶ経ちました。彼女は、どうしてるんでしょうね・・・

この経験から、私は、私の中の「残虐さ」を知りました。ときどき、こうして思い返しては、自分が怖くなります。

人間を、「人という種」として見たとき、人という種には、自然界の当たり前に起こっている「淘汰」が、当てはまりません。

自然界で、同胞で憎みあい、同胞で殺しあうという生態があるのは、人という種だけだと思います。

私が、この年になって思うのは、「淘汰」とは、「調和」を保つためのプログラムなのだということ。

生には、「増」という運命と「運ぶ」という使命があります。死には、「減」という運命と「還す」という使命があります。

この星の大きさそのものは、「生」に比例してこれから先大きくなりはしません。この大きさそのものが、「生」の限界です。だけど、「生」は、「増」し続ける運命にある。だから、限界を超える前に「減」する。「食らう」のです。こうして、星の中では、「増幅」と「減少」が、絶えず繰り返され、あらゆる生ある物の血と肉によって、この大地は保たれてきた。

これが、「自然淘汰」です。

人には、「自然淘汰」が当てはまりません。限界寿命がきて、自然に死ぬこと以外では、不自然な「死」が訪れます。

なぜ、病気が発生し、大量に人が死んでいくのか?

なぜ、大地が揺らぎ、大量に人が建物の下敷きになり、津波に飲まれ、大量に人が死んでいくのか?

なぜ、人は、自ら、命を絶つのか?

なぜ、戦争は起こるのか?争うのか?なくならないのか?

なぜ、人は人を憎み殺しあえるのか?

私には、この星が、自然淘汰を拒否した(人の増幅を調整する種がいないということ)「人という種」に、この星の限界を超えて「増幅」したとき、このアポトーシスが発動するように、人という種の全ての体のなかに、遺伝子に、このプログラムを埋め込んだ。としか思えなかった。

アポトーシス・・・死を促す遺伝子(プログラム)

このプログラムの発動条件は、なんだろう?と考えたとき、私の「残虐さ」を知ったときの事を思い出しました。

人には、人にしか起こらない「欲」があります。「嫉妬」や「傲慢」「憎悪」とかです。

この「欲」が、自然淘汰できない人間のために用意された「死を促すプログラムを発動させるプログラム」です。

「増幅」したことが、発動条件だとしても、なぜか納得がいかなかった。

「増幅」した。→「いまから、死にます。」といって、死を選ぶ人間がいるとは思えない。

だから、「増幅」した。アポトーシス発動条件を満たした。→人の「欲」を発動させる。ターゲットを決める。「死」を促す。アポトーシス発動によって、死ぬ。→「増幅」と「減少」のバランスを判定する。満たせば、プログラム終了。

満たされなければ、人の「欲」を発動させる。に、戻る。

つまり、「増幅」と「減少」のバランス(速度)が調和の取れた形にならない限り、永遠に「人の欲」は発動し続ける。

「食らわれる」運命を逃れた代わりに、「死のプログラム群」を埋め込まれた。それが、人の「淘汰」のされ方なのか・・・

「答え」は出ていません。これは、私の中で、現在進行形です。

永遠に「答え」に行き着けないかもしれない。でも、考えずにはいられない。

終わらない旅です。

追記

その後のこと。

私は、彼に出会います。

「俺の作るゲームで、国境を作らない国語の違いに関係なく、みんなこのゲームを通して繋がりあえる。そんなゲームを作りたい。」彼は、将来ゲーム製作者になるのが夢でした。とても、純粋な人です。

私は、彼女(彼)に出会います。

「俺を信じるなよ。俺も、おまえを信じないから。」この言葉から、「俺を使うなら、覚悟しとけよ。その覚悟がないなら、やめとけ。」と聞こえてきたやつ。趣味が、女キャラに化けて、男性キャラから、貢がせるだけ貢がせて、それを平気でギルド資金として使っていた男。「これは、ギルドへの寄付金だ^^」

私は、彼らに出会います。

「かならず、最初の5人に出会ってください。出会えなければ、ギルドを立ち上げることは諦めたほうがいい。」

この言葉をくれたのは、チロというマスターと、銭形というサブマス。そして、シュバさん。私の師匠です。

私を導いてくれた人たちです。