読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はーたんへ。

ごめんなさい。

最初に、こう言うべきなんだろうな。

もう二年になるよね。

なんで、あなたにあんなことを言ってしまったんだろう・・って後悔してます。大切な友だったのに・・

あのとき、あなたは、私が何か事情を抱えていることに気がついていました。正直、どきっとしたよ。

ゲーム内での悩みとか戦闘面の指南とか、してくれて、すごく感謝してます。いっつもやさしかったはーたんのこと、大好きでした。

なのに、ごめんね。

私は、ゲームにむきになっていました。そのことに、「おまえ、馬鹿か。たかがゲームだろ」と気づかせてくれた友がいなかったら、今の私は、帰ってこなかったとおもう。

はーたんが、気がついていた私の事情ってやつ。

もちろん、リアルのことだけど。

あのときは、まだ原因がわからず、得体の知れない何かに毎日おびえているような精神状態でした。

それが、今から二年前だけど、ようやく判明しました。

私は、病気にかかってたの。

腰部脊柱管狭窄症。という診断が下されました。

医者からは、「過度の労働は、厳禁です。無理をすれば、一生歩けなくなること覚悟していてください。」と。

それを告知されたとき、自分の存在の意味があるのか、ただ息をして生きれって言うのか・・と、自分を責めた。

母がいなかったら、母がたいへんな状態でなかったら、きっと、死んでたとおもう。

二年たったけど、背後から、「もう十分生きた。楽になってもいいだろ」と声が聞こえてくる。

いつか、心が砕けやしないかと思う。

今、私は、戦っています。こんな私でも、何かを成せないだろうかって・・・

一番大切な友へ。本当に、ごめんね。