読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先日の記事について。

ゲーム アイデア

これ見てるかな?もし、まだこのブログ見てくれてるなら伝えたい。

先日書いた記事は、単に「ネタ不足なんで過去晒し」してるだけのように見られてるかもしれないんだけど、このブログは、「私が書いて私が見るための日記」なのね。

なので、「客寄せ」のためにネタ暴露してるわけじゃないからよろしく。

↑かわいくない性格といわれても、こういう性格なので、よろしく^^v

さて、先日書いた記事について。これは、私が気になってるやつ?知り合いなのかな?友達じゃないかな?に向けたメッセージです。

その「やつ」とは、熱しやすく冷めやすく飽きっぽくてテンション高い人。

一週間前、その「やつ」と、久しぶりにメッセで話しました。「やつ」は、元気がありませんでした。

なにかあったのかな?と思って、「やつ」のブログを見てみたら、元気を失くした原因がそこに書かれていました。

細かい部分には、触れようとは思わない。

だって、充分嫌な思いして、もう忘れようと前向き?荒れてる?時期に掘り下げるマネしたって、本人にとっては、「うざ・・ほっといてくれ」って気分だろうから。

なので、私ができることないかな?って考えたのは、なるべく「笑わすネタ」で、バカやって「笑顔」作ってあげること。

あとは、一人だけ「悲観的」になって、どん底に落ちてく人いるから、似たような経験は、誰でもあるんだよ。って伝えたかった。

だから、書きました。

私は、リアルでもネットでも、気が合う人って少ないかな?

自分から友達を率先して作る気はないように思える。じゃない?私。

だから、猫たちとの付き合いのほうが長いようです。

動物は裏切らないって、よく言うけど、そうじゃないの。

動物を飼いならして、自分の命令に忠実なしもべに育て上げたならそうだろう。

うちの猫たちは、飼いならされてない猫たち。

みんな元々野良猫なので、人間に対して不信をもっています。

彼らには、領域があり、私を受け入れてくれる領域までは受け入れてくれます。私が、その領域を守らず踏み込もうとすれば、牙をむくけどね(´・ω・`)コワコワ

はっきりいって、ぜんぜんかわいくない猫たちw

でも、好きなんだなあ。こいつらが・・・

この子達との関係は、「餌の提供」をすることで保たれています。

「餌」をあげなければ、もっといい条件の「餌ずる?になる家」を探しにいくだろうね。まあ、たくましいやつらだw

だから、好き。転んでも踏まれても、こいつらなら、大丈夫。

だから、この子達との関係が崩れたとしても、私は、安心できる。

もし、不意なことがあって私がいなくなってしまったとしても、この子たちなら、一人で生き延びる術を持っているからね^^

ちょっと疲れたので、ここで休憩。

続きは、またあとで^^