読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

以前書いた記事のつづき。

ゲーム アイデア

友達についての記事について。

このサイトのURLを教えた人の中にはいません。このブログを開設する前まで友達?だったやつだったから(*・ ・*)

一部、知り合いの方から、「誰を指してるのか?気になる・・・」というメッセがきたので、書いておきますね。

別に、友達だったやつを批判するとか、なじるとかそういうんじゃなくて、メッセージとして書き込んでるだけなんですよ^^

私から私へのメッセージ。届かなかったメッセージ。そんなとこかな?

今頃どうしてるかなあ。あいつら。←友達だった人のこと。

タントラで、私が青側から黄色側に移動した頃出会った友達がいました。青側に嫌気さして黄色に来たのだけど、黄色の人たちって、のんびりしてて、なんとなく消極的で、「あーー、移動失敗したかなあ・・」と、移動したての頃は、そう思ってたんだよね。

私の性格とは、正反対なタイプの人たちばっかりで、「あー、性格合うかなあ・・・」と、不安不安。

聖地で、PTを組むと、私は、「イケイケーー!イテコマシタレー!」な勢いに対して、「あまり熱くなりすぎないように」と、注意を受ける始末_| ̄|○・・・

あーー、胃が痛い。。。

私は、飛び出して突っ込んでイケイケー!衝動にかられつつも、ここは黄色なのだから、郷にいっては郷に従え・・我慢だ!我慢するんだ!と、自分に言い聞かせつつ、一週間が過ぎた。

ある日、お声がかかった。一緒に遊ばない?と。。

その人は、青だった頃から知ってる人で、青側の友達の友達だった。

その人とは、その後交流を持つようになった。とはいっても、固定の誰かだけと交流を持つっていうのは、なるべく避けてる私なので、自分のほうから、相手を誘うというのは滅多になく、相手側からの誘いがほとんどの毎日。←これって、交流してるんだろうか?

他にも交流した人の中で、本当に気が合う友達っていたかなあってなると、気持ちがわかる人ならいたんだけど、友達にまで発展しない。でも、青側に似たようなタイプいたんで、ああ。似てるなあ。あいつに・・それが、「俺と黄色と聖地、どっちを取るんだ?」と詰め寄ってきた人。そういう熱いタイプな人も、一部黄色にはいた。

俺についてこーいタイプな人って、なーんとなくわかるんだよね。

じゃあ、あまり気が合うわけじゃなかったけど、なんとなく一緒にいたっていう感じの その人。

なぜ、一緒に居られたんだろう?と、自分に問いかけてみる。

呼び出されるときは、愚痴か相談のはけ口がほとんど。

呼び出される度に、だんだん聞いてる私も滅入ってきて、「あー、私ってイケイケーなはずなのに、なんかネガティブ思考うつってきそう^^;」と不安とため息。。。

イライラしてきたので、「いい加減!ポジティブでいこう!」と、路線変更をはかったが通じず、慕ってくれるのは有りがたいのだけど、私の気持ちも考えてくれよと、言い寄れば、「びえいは、ただ聞いててくれればいいの。意見は求めていない。」という返答。私は、完全にブチ切れた。

それからは、誘いがあってもなるべく断るようにしてた。

その後、別の黄色の知り合いから、ASへの誘いがあり、locに入りました。だけど、入ったその日、その人からメッセがきて「うちも同じASに入るから!よろしくね^^」と・・・

何か波乱があるような予感が走った・・・ 

長いんで、ここでちょっと休憩。