読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日思いついたので、ちょっと書き込み書き込み

私は、5年前だったかな?その頃、ギルドを興していました(*・ ・*)

興したといっても、友達4人と私で、ギルドマスターは誰がする?ってなって、なぜか・・私がマスターになっちゃったけど(´・ω・`)

そのギルドは、今も存在してます。名前は、「●い●い」

GVGで砦取ってたよ(´・ω・`)びっくり。

この名前は、私が付けたのだけど、何があったんだったかな?確か、私が失踪してギルドマスター降りたんだったっけ。

まあ、原因は、ギルドメンバー内でおきた「色恋沙汰」を掌握できなかったからかな?

昔話をちょっとしますか。

私がギルドマスターやってたとき、友達4人の中で、一番プライドたっかいやついたんだけど、そいつとギルド運営について、いつも意見衝突していた。

これは、意見が割れるのだけど、「自分の実力以上の狩場にあえて挑戦するべきか?でないか?」について、彼とは意見が常に反対だったわけで、彼の意見は、「今行っても、無駄に死ぬだけの狩場にあえて経験値を削られに行く必要性がどこにあるの?ある程度これなら大丈夫と思えてきた時点で挑戦するなら賛成」という意見だった。

私は、どちらでもかまわなかったのだけど、「たまに、無謀と思える挑戦をしてみたくない?決まりきった路線でプレーしてみておもしろいかな?常に無謀なプレーを求めるわけじゃないし、自身の実力試しで、たまーに挑戦もいいのではないかな?」と反論していた。

そこで、彼とは、「いやだめだ」「なんでよ?」と、まあ、たかがゲームなんですが・・ゲームに燃えていた時期だったので、かなり熱かったです(´・ω・`)ヒートヒートw

そういう意見のせめぎ合いは、そのまま穏便に収まることはなく、半年ぐらい経ったとき、「色恋沙汰事件」が起こりました。

まあ、意見が割れてた相手は、「ネカマ」やってたんですが、彼が実は男性であることは、私だけしか知らない事実で、彼の「女演技」に騙されて、「マジ恋」に陥った被害者が3人おりました。

「女の演技」で恋に落ちちゃったのか?それとも、彼の「本質」に惹かれて騙されているとはいえ、恋に落ちちゃったのかは、定かではありません。

一人は、彼自身から聞いた話。リアルで実際にあって刺されたそうです。アハハ・・・コエ

あと二人は、4人の友達の内の二人です。

それが、一番きつかったんですけどね。。

この恋愛騒動は、「ネカマ」君自身わかってて、あおっていたわけで、

彼からは、「ばれてない?どこか女らしくないとこない?こうしてみたら、どういう反応示すかな?」と意見を求められ、恋する?友達二人からは、「どうしよう?マジ恋しちゃったんだよね・・」と相談され、私は、悩みました;;シルカ!テメエラデカッテニヤッテロ!!

まあ、ほっといてたわけなんだけど、あんまり毎日のように相談されてると、彼の正体知ってる私としては、だんだん心が痛くなってきたわけで、かといってばらすのもなあーー;

だんだん、あふぉらしくなって、そのギルドを捨ててきました(´・ω・`)

メンドクセーシ・・カッテニコイデモホモデモヤッテテクレ

その後、うまく「恋は成就?」したみたいで、私が去った後、「ネカマ君」がギルマスに収まりました。

いまおもうと、私の性格熟知してた彼だったし、ギルマスは、私に任せておけない、俺が影にいるからギルドもってるようなもんだとまでいってた彼だったので、最初から、ギルド乗っ取り考えてたんじゃねえかな?(´・ω・`)あいつと思っています。

まあ、ギルドを捨てた?私は、その後放浪の末、見事「廃lv」に成長し、今でも思い出に残っている二つのギルドに出会います。

それは、次でかこうかな^^v