読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昼間視た 母の首だけの夢 何を意味するのか

怖いという感情はなかった。 遺骨があるはずの場所に、母の首だけの姿があった。 母は、目を見開いて、玄関の方向をにらんでる。 何か来るのか?と思い、私も視る。 ただ、その方向には、TVがあるはずなのに、TVがない。 玄関に差し込んだ明るい光が、びえい…

私が夢見た家庭 一家団欒

びえいにとって、決して得られなかったもの テーブルで一緒に食べる家族の姿 自由に描かせてくれるびえいだけの世界 漫画が好き。映画が好き。小説が好き。唯一 びえいが逃げ込める範囲で楽しめるものだったから。 漫画はね。びえいの場合、一ヶ月のお小遣い…

今日は、母の日と父の日に送った 桐箱とブローチを紹介

びえいは、父の遺骨と母の遺骨を、桐箱に入れて、常に所持してる。 びえいの生まれときのへその緒と産毛もいっしょにね。 最初は悩んだ。ものすごく。。。。 携帯することは、本当に正しいのか? だけど・・・探す自信がない。守りきれる自信がない。 だから…

開業医の活動範囲

在宅緩和クリニック 受けることができなくなりました・・・ 非常に残念 病院勤務時は、地域を回ることができていたそうなんだけど 開業した途端、「開業する場 から 半径16km圏内でなければ無理」という返答 ただ単に、県や国からの意見ではないとは思う…

もしかしたら が 落ち着いた

補足 少しだけ、落ち着いたから、書くことにした。 弱音は、毎度毎度吐くと思うけど、それが、びえいの精神の壁の薄さなので、しかたがないね。 黒巳ちゃんが、出てこないのが、不思議だけどーー; *******************************************************…

泣いてもいいかな?

四日前 病院に診察に行く 母の容態が、いつもと違う そう感じたのは、去年の11月末頃から 12月に入って、しばらく容態は、落ち着く 大晦日 夜中に苦しみ始める 抗生物質を貰っていたので、それを飲ませ、しばらくして落ち着く それで、落ち着いたと思った 年…

親類の叔母から電話 お見舞やるとかで、喧嘩になる・・・

朝8時ぐらいだったかな・・・ 叔母から電話 母に、昔から、お金を貸してくれと言ってくる人 母の妹 どんだけ、母は、お金貸したんだろ? 一銭も戻ってこない叔母夫婦からは・・・と、常に、愚痴る母だった。 父が生前、母が貸した金を、返せと、叔母夫婦に訴…

あの女は、そんなに母が憎いのか?

びえいは、参加しない。 理由は、危険な人たちだから。地域住民を、危険視するのは、度が行き過ぎてるって思われるかもしれないけど 警察に通報すると、びえいがいっても 平気で、庭先で、騒音あげて野次飛ばしてくるおばさんたちの群れ。 びえいが、目障り…

今日、母の おしりの 蒙古斑が気になった

デイサービスに行っていた 母 戻ってきて、職員さんから、心配そうに伝えられる 「おかあさんの おしりの 青い 緑っぽいものが気になります」 まさか・・・カビ?藻?いやぁ・・びえいも気になってたとこだったから、職員さんも気になったんだろうな。 びえ…

選択肢 母との最期の過ごし方

この前、ケアマネが来た。 電話越しで、ちょっと、噛み合わない意見交換になったりはしたけど 彼女は、彼女で、自分の生活あるから、ちゃんと律してる。 ケアマネの仕事が、どんだけ辛いか?は、いくらか、わかるつもり。 以前担当してくれたケアマネは、役…

おかあたんのいびき と 世界情勢 訪れた結果

時々、いびきが聞こえなくなると、心配になる。 もう いっちゃったんじゃないかって・・・ いびきをかいてるのを聞いて、なぜか安心した 少し、落ち着いて、少し、安心して、少し、儲けた^^v 保険業やってる いとこから、やめとけ。と言われたけど、 いつ…

この選択が正しいのか 正しくないのか 踏み切る時

今回のトラブルは、直接、オリデー先生には、関係はない。 払えば済むことだから。 だけど、今後、こちらの病院と「お付き合い」出来るかどうか?を考える。 現ケアマネと話した。 「病院を変えましょう」と、言われた。 意外だった。 正直なところを、初め…

吐くだけ吐いたなら、戻ろう 私

まだ、吐き足りない。吐き足りない。と、言ってるけど 母が、淋しがるから。 出来れば、イケメンの旦那が居れば、あの人も、バラ色の余生を送れるんだろうけど 見た目、70代には見えない。お肌「もちもち」の「マシュマロみたいな」弾力のある肌。 ちょっと…

今日は、母の手術日 眠れないのは、そのせいか

いつもの手術なのに、落ち着かない。 胃ろうのペグ(おなかに穴を開けて、そこに管を通したやつのこと。管の着脱を「ボタン」で、バチン!と出来るタイプ) ペグは、半年ごとに付け替えないといけない。 内科医がやる。 口内麻酔かけて、胃カメラ通して、胃…

うーん。そこそこイケメンなのが入ってきた

「目つき」は、一瞬見せた「表情」で、ある程度、人格は読めたけど、 まあ、これぐらいの年の子(30前半?)では、いいほうかな? というのは、最近、母が通っているデイサービスセンターに、新しい介護職員さん「メガネが似合うクールタイプのイケメン」が…

母の狙いは、若いイケメン職員さんが来ること

今日、母のデイサービスの日。 出掛ける時は、反応がなかったのに 戻ってきたら、めちゃくちゃ「ハイ!」になってた。 何があったんだろう@@;? 送り迎えをしてくれた、ほどほど若そうな男性職員さんに、 「何か、催し物でもあったんですか?こんなにおし…

母が倒れた日 彼女と彼女のまわりとの戦いが始まった日

母が倒れた日。 2007年7月24日 「森のくまさん」の音色が聞こえる。 私は、いままで寝ていた。何時だろうと時計をみると、午後9時だった。 母は、もう帰ってきてるんだろうか?と確かめてみた。 「おかあさん。おかあさん。」 返事は返ってこない。友達の家…

一日早いけど、メリークリスマス^^v家族へ

母に、どうしても、ケーキを食べさせたかったので、コレステロールが上がらないように、 まず、ケーキに、ヨーグルトをかけた・・・ ケーキは、カロリー確認して、市販のやつです!(今回は、体調最悪なので、買った! 母でも「ぱくっと」食べれそうな ワッ…

なぜだか、母との歳月が流れる

来週、母が入院します 昨日検診にいった結果、子宮頸癌のおそれ有りとのこと。 進行しています。 医者からの返答。 不思議と、頭は真っ白じゃない。いろんなことが考えられた。 とりあえず、普通どおり過ごす。 今日は、二日目。 準備を少しづつする。 ケア…

母との関わり方

倒れる前の母の性格と今の母の性格が変わりました。 一言で言えば、純粋な素直なままに感情を表す人になった。昔のあなたは、そうじゃなかったよ。 前は、一日中口を聞かないぐらい仲が悪かった私たち。 今のあなたとは、自然に話せます。 やっと、近づけた…