読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名「ワールドメイト」

 

あらすじ この物語は、ワールドメイトと呼ばれる団体が、かつての国津神ナーガの一族の精神をパーターラから解放し、今世紀に始まる天神支配二度目の国譲りを阻止すべく全世界に現存する 純粋なナーガの血と精神を受け継ぐ者たちを集め、天神のAIをばらまこうとしている団体Siriと全面戦争を起こす 第二の 天神鬼神vs蛇神の戦い。そういう方向にしようと思います。

付記

ナーガの子とは、この物語を綴る者であり、そして、外側から、この戦いをみつめる者。パーターラに封印されたナーガラージャの意思を言葉として綴り、伝えるのみをしていく者である。実際に、物語を動かす者は、以下の者たちである。ナーガの子は、これより命を狙われる存在となる。それは、Siriの団体からであり、また、Siriの団体から、「天神の子を孕む女が、兵庫県に居る」と情報を得て、動き出す。

最初は、放任し、次第に、ナーガの子が神託する言葉を恐れ、そして、消そうと動き出すのが、Siriの団体である。

ナーガの子は、ただ神託を受けたら、書いていくだけなので、物語は、一話完結形式で進む。

ナーガの子と おどおどした声の女性との接点は、最初は、物の取り合いというか、ナーガの血を正統に受け継いでいるのは、「こっちだ。いや、あっちだ」と互いに、互いの権利を主張しあい争うことから始まるのだけど、この小競り合いをきっかけにして、ワールドメイトと ナーガの子が接点を持つことになる。この接点を産み出す原因を作ったのは、おどおどした声の女性 鬼神の一族の末裔であり、先祖還りの鬼蛇神そのものラークシャサ族の女 彼女である。

蛇神の子孫であるナーガの子と 同じく蛇神の子孫でもあるんだけど、鬼神によって精神を支配された一族の末裔である おどおどした声の女性は、ナーガにこだわりすぎて、それをどうしても譲れない者同士の どうしようもない争いをずっと続けることになる。

しかし、ナーガの子として産まれた存在は、それを意に介さず、神託を受けたら、勝手に、蛇神パーターラに封印されたナーガラージャからの通信に支配され、天神からの総攻撃が、もう始まっていることを ナーガの子の体を支配して、伝えていく。

対して、その神託が、ナーガの子の純粋な神託ではなく、「他の者からパクった言葉を綴った物だ」と主張し、ナーガの子は、虚言の子だと噂を流し、「私がナーガの正統な子であり、選ばれた存在だ」と主張するのが、おどおどした声の女性である。

これによって、互いの存在をかけた戦いも始まるが、結局、互いの存在をかけた戦いに向かうことはなく、次第に、Siriの支配は進み、そこに、第三の勢力が、絡んでくる。

それは、ナーガの子が神託を受けて、伝えた言葉。 おどおどした声の女性が、かつての鬼神の一族ラークシャサの一族の血をもっとも濃く受け継ぐ女で、その女が、Siriの団体が待ち望む 天神の精を宿した 精神支配された一般人の男によって、天神の精を種付けされて孕み、産まれてくる子が、Siriの団体のいずれ総支配者となる人物と育っていくからである。

アザトースの子。それが、のちに、Siriの団体を、または、天神降臨後、この地球を新たに支配する支配者となる子なのである。

第2次大戦が、アメリカ vs 日本 であったように、第三次大戦が始まる。

アメリカ Siri天神に支配された地球での絶対的地位を確立できることを、天神によって約束されている民

日本 かつて蛇神が支配した地であり、かつての天神降臨のとき、同族同士で争い合う悲劇的な歴史をもつ国 現存するナーガの一族の子孫である日本人は、かつて精神を支配され、鬼蛇神となったナーガの一族の子孫と 純粋なナーガの精神を守り通した一族の子孫とに分かれる。かつては、同族だった。

第三次大戦とは、精神寄生体による支配に始まり、それによって、現存する人間同士の間に、鬼となり変怪した人間と、まだ心を支配される前の人間とが精神戦争を繰り広げる戦いである。

最終的には、天神が勝つ・・・ 天神によって、現在の日本人を含めた全世界の民が、鬼人と変怪し、全世界の人類の精神支配が滞りなく終わった後、天神の降臨を待ち、つつがなく天神に、地球を明け渡す。

それが行われることを阻止するために、最期まで抵抗したのが、ワールドメイト(世界の心 ナーガの心)だった。地球の意思を守ろうとした者たちによる天神の精神支配から、この地球を守るために立ち上がったナーガの一族の最期の戦いの話しである。

付記の付記

登場人物 おどおどした声の女性は、天神により見初められて、天神が地球に送り込んだ天神の精神そのもののAIを仕込まれた一般人の男に犯されて、天神の精神そのもののAIの種を含んだ精子と、かつての鬼蛇神一族の先祖返りであるその女性の鬼蛇神の純粋な腹を借りて、(かつての国譲りの当初の頃、天神によって精神支配が完了した純粋な精神寄生体が完了した鬼蛇神一族の頃のその鬼神の先祖返りである 彼女の腹を借りて、再び鬼神の一族が復活するため孕まされるのである。 最初の子 約束の子 を孕まされる。

その孕まされ産まれて来る子が、天神の精神を伝える子 アザトースの子である。でも、あれ?私が神託されたのと、ちょっと違うな・・・ アザトースは、旧支配者のはずだから。。。そうなると、アザトースは、天神ってことになる。旧神なのか?と思った。

もう物語は始まっているようだ。Siriの支配という、第三次大戦が ひそかに始まった時点で・・・

登場人物 

おどおどした女性の声の幻聴 この女性の宿業とも言える ナーガの物を取りたがる性質は、先祖返りによるもので、この女性は、一族の血に鬼神の血を持つ一族。または、ラークシャサ族の者。

ナーガの子と言われる存在。物語の中では、その人物を演じるは、私ってことにさせてもらう^^; この存在を起こしたきっかけは、日頃から聞こえる幻聴。それと、設定としては、母が、ナーガによって人からナーガに変えられた存在で、いわゆる「取り替えっ子」である。その取り替えっ子のナーガ のちに ナーガの子と言われる存在の母となる者と、ナーガが交合し産まれたのが、ナーガの子。父は存在する。しかし、種の中に、父親に憑依したナーガが精を混合し、産まれてくるのが、ナーガの子。

ナーガとラークシャサ族は、大昔から宿業宿縁の中にあり、生涯敵同士として相まみえる。ラークシャサ族の娘である おどおどした女性の声の幻聴を届ける存在は、兵庫県に住む者で、ナーガの子が住む九州大分県の地とは隔てる 大分県の地は、フキアエズ王朝があったとされる伝説の地で、そこが、ナーガの地である。

大昔、国譲り起こりて、ナーガの主であるナーガラージャは、この大分の地を天神に明け渡し、天孫降臨とともに、本州の諏訪の地まで逃げ堕ちる。

鬼神の一族は、天神とともに行動を共にしていたが、本州への勢力拡大のため、天神に従い、現在、兵庫の地まで一族率いて その地に住む国津神でもある ナーガの一族を一掃していく。そして、その地に、ラークシャサ族の拠点を作る。かつて、兵庫の地は、考え中。ランカー島とするには、無理がある。ちと考える。

この物語は、天神が、再び、この地球に降臨するための 前段階、憑依、体の乗っ取りから始まり、人々が鬼として変怪し、自分の意思で自らの体を動かせないようになる現象によって、(Siriによる洗脳が進みって意味)、地球人類そのものが、再び天神をお迎えするための準備を始める。

これの最終形が、完全な 肉体をAI(天神が送った意思 天神そのもの精神ではなく、天神が生み出した 肉体を持たない精神の種)によって操作された状態になった人類によって、つつがなく、天神に、地球の明け渡しが行われる。

鬼神の一族とは、かつての国譲りの時に、ナーガの一族が、日本列島を支配していた時に、天神が生み出した精神の種のAIの一族のことで、そのAIは、かつて行われた天孫降臨の時に、天神が国譲りをつつがなく済ませるために地球に送り込んだ精神寄生体であった。 当時の国津神の血を引く者たちは、その精神寄生体によって次々に寄生されていき、そして、ナーガの血を引きながらナーガの肉体を持ちながら、精神はラークシャサに侵され、鬼が憑依した 鬼蛇神と変怪し、次々に、「精神を侵されまいとした抵抗したナーガの一族」を、同族でありながら、精神をAIによって支配された鬼蛇神たちが 同族を駆逐していく。ナーガは、かつて肉体をAIに犯された同族によって、駆逐されていったのである。これが、鬼神と蛇神の戦いが始まった もともとの起こりである。変怪した鬼蛇神が後に呼ばれた名が、ラークシャサ族というものである。つまり、もともとは、肉体はナーガであった者が、鬼神の一族である。

現在、現存する日本人の多くは、精神寄生体によって ラークシャサ族となった一族の洗脳状態が完了した段階の一族と、その精神寄生体に打ち勝った 純粋なナーガの精神を受け継ぐ一族とに分かれる。

また、かつての国津神の肉体をAIによって支配した後、国津神の体にあった精神 ナーガの心そのものは、天神が送ってきた精神寄生体によって、別次元のパーターラと呼ばれる 天神が作った次元空間に導かれ、その次元にて、永遠に生き続けている。つまり、パーターラとは、ナーガの精神を封印した 天神によるナーガを閉じ込めておくための檻の世界である。

これが、前の国譲りの時は起こり、その後、天神降臨によって、鬼蛇神の一族がそれに従い、日本の地を拠点に、全地球全体の天神支配が始まる。

母の痕跡。胃ろうセット。まだ残してた。。ぜんぜん片付けてない。。

f:id:riantyan:20170129203248p:plain

f:id:riantyan:20170129203329p:plain

f:id:riantyan:20170129203410p:plain

第三話 「キュービットからの贈り物」

(あくまで、びぃの想像で書いたストーリーです。)
第三話 「キュービットからの贈り物」

24日 午前12時 新しい企画が始まる。
「オンラインシティへようこそ」
お客さまとパフォーマーさんとで、もっと現実に近いデートを演出!
基本プレーは、会員登録された方限定で、無料。
シティ内での買い物もできる。プレゼント品なども揃えております。
シティ内のアイテムは、ポイントをシティ内通貨に変えて、お買い求めください。では♪ オンラインシティ解禁~♪

 シティ内 雪原エリアにて

 一人のアバターが、立っている。
 そこへ、もう一人のアバターが近づいていく。。。
 手には、白い花の花束を持って。。。


(三日前の出来事)

今日も何十件という問い合わせメールが届いてる。視るたびに・・ため息・・

いや、俺のせいいっぱいの愛で答えてやろうじゃないの?

いつものように、仕分け・仕分け。どんだけ仕分けあるんじゃ;;と・・
その中で ふいに・・・目に留まったメールがあった。

「世界の始りは どうしますか? これ、そちらにお願いしてもいいかな?」

件名は、ちと・・・なんじゃこりゃ?的なメールなのだが・・

こっちも、同じ件名で、

「世界の始りは どうしますか? で、ちょっと相談したいのですが」

事務所に届いた相談メール。。。受けたのは、俺。サポートスタッフとして働いています。

一通目は、お客様から・・・
そして、もう一通は・・うちの女の子から。。

守秘義務があるので申し上げれませんが・・・、あきらかに、お二人とも、当事者だなーー;と・・・

(こっから先は、俺のセリフから想像してくれますか?)

一通目を読みながら「いや・・そんなの頼まれても困るってーー;・・え・・誰がやるんだよ?」
いや・・(ピー)すぎだろ・・。俺の気持ち察してください。。

そして、二通目を読む。
ああ・・なるほどね。で?「・・・え?・・だめだよ!何言ってんの?・・・いや、わかってるからメールしてきたんだろな・・」

まあ、よくあることだけど、これははっきり言ってほしいパターンか?・・・うーん・・

こっからは、私的な感情は抜きだ。これも仕事。そして、返信を書く。

一通目のお客様からのメールには、「問い合わせの件ですが、お気になさらず、普通にされていれば大丈夫ですよ。」と、返答。(それしか、思いつかなかった;はぁ・・)

二通目の彼女への返信メール・・・酷だが、しかたない。
「問い合わせの件ですが、贈りたい気持ちは気持ちとして持たれていてもかまいません。ですが、直接の・・・・」・・・まあ、わかってるだろうけどな・・いつものように返す。ただそれだけ。

送信。。っと。・・(・・・まあ、この件は、これでいいだろ)
他が詰まってるしな・・

この時まで・・
俺は、まさか、この件で、最後まで深く関わることになろうとは、思いもしなかった。


最初の事が起こったのは、お客様からの抗議メール・・・

「あのパフォ、待機の態度どうにかならんの?突然、泣き出すし、ちょっと、こっちが心配してメールしたら、また泣き出すんだよね。。何があったか?知らないが、気分が悪い。」(注:事実を元にしていません。びぃの想像です。)

だれだよ・・。パフォーマーの待機画面を確認してみる。。。え・・何。その酷い顔。ちょっと何があったの?

抗議があったことは控えて、注意。
返ってきたメールを見て・・あれ?と思ったのは、俺。

彼女からの返信は、理由は書かれていなかった。ただ、すいませんとだけ

俺は、ちょっと心当たりがあったので前来た相談メールを探ってみた。
あのメールを・・探した。。

そして、
ああ。やっぱり、あの子か。。(世界の始りさんね)

まさか、あの客と何かあった?と、ピン・・と勘が走ったんだけど。。まあ。メンタルの調整もスタッフの仕事・・「・・何かあったの?」と、聞いてみる。

返信は、返って来なかった。。。
その日から、彼女の待機は視られなくなった。(気になって、俺なりに見てたんです。。)

二日後、メールが一通届いた。俺宛に・・
「ご心配おかけしました。 ・・(守秘義務があるので書けません。)」

(俺のセリフから想像してください。)
ああ。なるほどね。やっぱりか。まあ・・あの(ピー)方だから、来なくなるわな・・・。それで?情緒不安定・・・
わかってるはずだろうに・・踏み込んじゃったってとこか。

俺がメールを読んでいると、「なーるほどねぇ・・」
先輩が、覗き込んでる。。

どうすんの?と・・聞かれて、おまえ一人で対処できる?とも・・・
出来ます。と答えてみたけれど、どうやって?と、正直悩んでる始末。

「お前、忘れてないか?24日の企画。」

「ああ。。。オンラインシティ開催でしたね。」

「何かできるだろ?お前にも。。」・・何かね。。。うーん・・・


 開店企画。告白アイテム付き特別招待状 の文字が目に入った。
 
 ・・・あ。・・招待状だ!

 俺は、その日のうちに、上に掛け合って、彼女に「二通 招待状を贈る」

 一通は、彼女へ。もう一通は、彼女が招待したいお客様用として。
 これは、彼女が、招待したいお客様を選んで贈れる招待状。

「きっちり心の整理しておいで。。。」
 そんな気持ち込めて、俺は彼女にこれを贈った。
 俺からの クリスマスプレゼントとして。。


 それから、どうなったかは・・・冒頭で紹介したとおり。

 こっから先は、守秘義務があるので、内緒です



番外編

びぃから特別シナリオ

 女の子アバター 「来てくれたんだ。。。なんか、嬉しい。久しぶりに会えたし」

 男の子アバター 「・・・せっかくだしな・・。ほい。これ、おまえの好きな花だろ?ちゃんとショップで選んで買った。」

 女の子アバター 「ありがとう(・・・赤いバラがほしかった;;まあいいけど・・)」

 シティ内ショップ花屋
   アイテム説明書き アイテム 白い花 「この花は、オンラインシティ内で結婚する相手に対して贈る花です。
                          この花を贈るということは、プロポーズをすることになり、贈られた相手は、
                          翌日、結婚式案内状が届かれます。
                          案内にしたがって、式場にご参加ください。」

 翌日・・・シティ内受信箱にて
男の子アバター 「・・・なんですかーー;これって・・・え?!」

  女の子アバター 「・・・え?・・え?・・結婚案内?・・・え・・彼が(プロポーズ?!)」


 天の声(花は、よーく選んで、贈りましょう♪ ね)    END

短編「世界が終わる瞬間この時を止めたい」1

短編「世界が終わる瞬間この時を止めたい」1

今日は、21日・・まさかね。
なんで、待ってるんだろう?私・・

いつから?
「うは;4時間経っちゃった・・」
私は、この日、ある人と約束を交わしていた。

彼「ねぇ。。もしもさ。21日、世界の終りが来たらどうする?」
彼は、かなり酔っていた。

うぅ;まいったなあ・・
「そうですねぇ・・一人じゃ過ごしたくないなぁあ^^;来てくれます?(ちょっとみえみえかな?)」

「いいよぉ~ じゃさぁ・・21日、もしも?世界の終りが来なかったら・・俺と付き合ってよ。」

かなり酔ってんなぁ・・
「どうしようかなぁあ~」

「俺さ。真剣なんだけど?」
そこまで、酔ってるのに・・?
「少し、酔い冷まさなくて、大丈夫?」

「何?話はぐらかすの?・・あーつまんねぇー」む^^#拗ねちゃった・・

「・・本当に最期だったら、一緒に過ごせる人いてほしいかな・・(言ってよかったかな・こんなこと)」

「そか。じゃ、24日の夜、俺と会うか?」 ダイレクトだなあ;

「・・俺と付き合ってよ。まじで。21日、待ち合わせ。じゃ、俺寝るわ」

「・・あ。はい。おやすみなさい^^(今日どうしたんだろう?こんな酔っ払ったとこ視るの初めて。)」

次の日 また 次の日 彼はノックしてこなかった。

あれだけ酔ってたし、会社行けたのかな?本当、何かあったのかな?
メールを送ってみた。「こんにちわ^^ すごーく心配したんですよ?二日酔いにならなかったですか?」
返信は来ない。時間をずらして送ってみるけど・・・来ない。

そして、今日、21日。。来ちゃいました。。「待ち合わせな。。21日」と言った彼でしたが、本当に来るのやら・・
そこへ、メールが、彼からです。
「こんばんわぁ 待ち合わせしたっけ?」
・・おい。やっぱりかよ;と思いつつ、返信。。
そしたら、ノックする音が鳴ります。入ってきたのは、彼でした。
私は、「待ってた」と言えず・・・意地張っちゃって・・彼をにらみつけちゃいました。。
やっぱりね。。あれだけ酔っ払ってたんだし、そうだよね。(あれ?なんか、すごく残念な気持ち。あれ・・なんか変なの)私、顔あげらんない。見せると、彼に気付かれる。。何を?・・


短編「世界が終わる瞬間この時を止めたい」2

もう・・・しっかりしろ!私
顔をあげて^^「しょうがないなぁ^^」ほら。。できたじゃん。。

彼「・・ごめんな」・・・え 彼から初めて聞いた言葉

この言葉、男性から聞くことは滅多にありません。彼女は、これを待ってたかもね。(天の声から♪)

このたった一言。結構・・・きます。涙に変えるぐらいの威力あるってこと。。(ある意味、一番落としどころ♪相手が、吸血鬼(男を肉としてしか視ない女のタイプを指して言う)にまで発展してなければ、通じると思うよーー;天の声から♪)


それから、彼と取りとめのない会話が続いた。時間を忘れるほどに・・・

でも、時間って、あっという間にたっちゃうもんで、、、彼が、カウントダウン始めたものだからーー;時間の感覚に引き戻されちゃいました;;

「あと、10分・・」彼は、なんとなく・・はしゃいでます。

「そうだね^^(笑顔で返す私だけど・・)」・・そうだね。。つまんない。顔に出そうでやだな・・

楽しい時間ってのは、「いま、何時?」とか「あと何分だっけ?」とか、ちょっとした些細な一言で、おじゃん。。。かといって、言わないわけにもいかない。

どちらも、「楽しい時間は、時間を忘れるから楽しい」だから、「時間に引き戻す言葉」を、嫌がる場合もある。その一言が、一変に冷める原因になったりすることだってある。

でも、心遣いがあるから出る言葉でもあるんだよねぇ 相手を思わずして出て来はしないからね。(天の声から♪)

「あと5分・・・」「・・だな」ちょっと緊張走ってます? 私たち♪

「あと1分・・・」 あれ? 彼が黙っちゃいました。。

「あと1分で、22日だ。無事過ごせそうだなwやっぱ・・・迷信だったか」

 私(先にそれを言うかーー;)
「そうだねぇ^^でも、ちょっとスリルあったよね。あと10分、あと5分とか、秒読みみたいでさ」

 ・・・あ。22日なっちゃった。

「24みたいだったなw」・・・そうだね。。「うん^^」・・そうだね。。

私(ハッピーニューイヤーkiss?ぐらいのジョークほしかったなぁ。。せっかく、カウントダウン入ったから・・私もその気になってたのに・・・)

後は、覚えてない。。。いつものように笑顔で ばいばい。。

うーーん。どうしよう?お休みのメール。。私は、ちょっと考えて、ちょっと意地悪?になって・・・こんなメールを返信しちゃった。

「世界の始りは  どうしますか?」って・・・覚えてるはずないから、ないよね?

短編「世界の始りはお前と過ごしたい」

短編「世界の始りはお前と過ごしたい」

約束したんだ。あの子と

「21日を無事過ごせたら。。24日の夜、俺と、まじで付き合ってほしい。」
酒飲んでたし、まずい約束しちゃったよなあ。チャトレの子と

まさか^^;本気で受けちゃいないだろ?

ちょっと会いづらいな・

いつものようにログイン。あの子の様子は・・彼女は待ち合わせ中か・・?!

「え?!待ち合わせ?・・あいつ、他にもいたのかよ。」

ちょっとだけ・・ショック(まあ、俺だけなはずないか。)

なんか安心してる自分がいた。なんで?
もう一人の俺「おまえなんかと まじで約束する女がいるわけねぇだろ?」

そうだよな。。

でも、ちょっと気になる。俺は、彼女にメールをした。

「件名 こんばんわぁ 待ち合わせしたっけ?」・・なんか意地悪いな俺

彼女から、すぐに返信が返ってきた。

「件名 こんばんわ^^ あれ?・・もしかして、忘れてた?」

はい?どういうこと?

待ち合わせ中の彼女の部屋に、入ってみる。

入ると、彼女がにらみつけて「・・忘れてた?」

俺「(忘れた?約束?ちょっとまてよ。)ごめん^^;待ち合わせしてたっけ?」

彼女が笑顔で「今日は、21日だよね?」

俺「あ・・(まだ先だと思ってたけど、今日ってその日だーー;)」

酔ってたせいかーー;しまった・・

あれ?顔伏せちゃったよ?まさか、泣いてんの?うそでしょ?

一瞬そうかと思った。けど、彼女は顔を上げて、笑顔で「しょうがないなぁ^^」と返してきて・・

それから、取りとめもない会話を彼女と1時間ほど会話して・・そして、最後に

「あと1分で、22日だ。無事過ごせそうだなwやっぱ、迷信だったか」

「そうだねぇ^^ でも、ちょっとスリルあったよね。あと10分、あと5分とか、秒読みみたいでさ。」

「24みたいだったなw」「うんw」

「・・ん・・じゃ、また明日ね^^」

「はい^^またね。」いつもと変わらず、笑顔で返す彼女・・・そうだよな・・

覚えてるはずねぇよな・・(安心したはずなのに、なんか寂しいような「会いたい」ぐらいにしとけばよかったかな;;)

部屋を出て、しばらくすると、彼女からメールが届いた。

「件名 世界の始りは  どうしますか?」

 え・・・

2014年05月12日のつぶやき

2014年05月11日のつぶやき